• ろ過器の種類や注意点について

    「ろ過器」とは、適当なろ材を使って混合物から物体を分離するための装置です。

    すごく便利なろ過器に関する情報を公開しているサイトです。

    一般的には気体や液体に混ざっている固形物を分離する装置を言いますが、分子サイズの差であったり液体の比重差によってろ過を行うものもあります。


    その場合は気体同士、液体同士の選別を行うのです。またほとんどがろ布やろ紙やガラスウール等のフィルターを使って行いますが、加圧や減圧によって出来るケースもあります。

    圧力ろ過器は原料を加圧してろ過するもので、真空ろ過器は減圧によって行うものです。遠心ろ過器はろ材になっている円筒内に原料を入れ、回転させてろ過します。

    遠心力によって分離された物質を振り出すタイプで、水平軸型と垂直軸型に分かれているのです。
    また空気ろ過器は、室内換気用の空気を清潔にさせる装置。



    内側にろ材層を通過させるような仕組みになっており、毛状の銅、鉄、ガラスに油を吸わせて固形物質(ごみ)を付着させて空気汚染を防ぎます。
    水道水を綺麗にするために使用するタイプもあるのです。


    とはいえ、古くなった装置は取り替える必要があります。


    人や動物から出る体毛や皮膚の汚れ、また空気中に舞う埃は装置の中に蓄積されている可能性が高いのです。水中であれば、汚れや汗が溶け込んでいる場合も懸念されます。



    このような状態を放置したまま引き続き操作し続けてしまうと、レジオネラ属菌の発生により大変な事になってしまうでしょう。取り替えや定期的なメンテナンスを忘れない事が大切です。